宝塚の幼児教室 EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミー宝塚教室

「幼児教育は意味ない!」それってホントなの?

2020/10/20

「幼児教育は効果がない・意味がない」という意見を耳にすること、ありませんか?

ですが、果たして本当に意味がないのでしょうか?

 

一方で、ピアノや語学などは早い段階から取り組んでいた方が有利とも言われています。

 

今回は、幼児教育は意味ないと言われる理由や、効果があるとされる教育法を厳選して紹介します。

 

幼児教育の効果とは

そもそも幼児教育とは、小学校にあがる前の未就学児に向けた教育を指す言葉です。

幼児期は、日々様々な情報や知識を習得し、心も身体もすくすくと発達する時期でもあります。この時に言語や数に関する知識を習得したり、基礎的な体力や運動能力を身に着けたりすることで、幼児の能力をより伸ばすことができるようになります。

 

そういった意味では、幼児教育はとても効果的です。

しかし、目的もなく、やみくもに幼児教室や習い事に通わせることは、幼児にとって大きな負担となりますので注意が必要です。

 

しっかりと目的を持って、意図を明確にして幼児教育に取り組むことが重要です!

 

ですので、「幼児教育なんて意味ない!」とやみくもに思う事は危険ですし、まずは親御さんがしっかりと幼児教育について知った上で、うちの子には必要かどうか?と考えることが大切です。

 

効果がある幼児教育を厳選して紹介

ここからは、早い段階で受けておくと効果的な幼児教育を厳選して紹介します。

 

アート・美術系

アートは幼児の発想力や、創造性を育てることができる習い事です。幼児教室でアートを実践している場所はとても少ないですが、教室に通わせなくとも自宅でお絵かきをしたり、美術展に連れて行ったりなど、できることはたくさんあります。

 

スイミング

全身を使うスイミングは、幼児の運動能力を高めてくれる習い事です。0歳からコースが用意されており、地域に関わらず教室がたくさんあるため、通いやすいというメリットがあります。

 

英会話や英語リトミック

言語能力を伸ばしてくれる英会話は、早い段階こそ効果を発揮してくれる教育の1つです。親が英語を話さなくても、習い事でネイティブのような英語能力を身につけている子は大勢います。英語は世界の共通語のような言語なので、身につけておいて、まず損はありません。グローバルな考え方や、表現力も身につけることができます。

 

ピアノ

音感だけでなく集中力も養ってくれるピアノは、幼児から習い始めることで様々なメリットをもたらす習い事の1つです。幼児期にピアノを習っている子は、自分で集中して練習する習慣が身につき、お勉強も一人で集中して取り組むことができるようになると言われています。音感がある、楽譜が読めるというのも、就学してから幼児の強みになります。

 

子どもが興味を持っているかが大切

本人が、興味もなくなんとなく習っているようでは、能力も思うようには伸びません。

 

大切なことは、何を目的として幼児教育を受けさせるのか、幼児本人が興味をもって取り組んでいるかということです。

 

「英語が話せる子になってほしい」「身体能力を高めてあげたい」など、親の願いもあるかもしれませんが、子ども本人の気持ちを優先して、適切な幼児教育を受けさせてあげましょう。

 

コース紹介

カテゴリー

Facebook

Instagram