宝塚の幼児教室 EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミー宝塚教室

幼児教育とは?おすすめの幼児教室の選び方

2020/09/30

幼児教育と聞くとどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

 

教室に通うもの、教材を取り寄せて自宅で学習するものなど学習スタイルもさまざまです。また、スタイルだけでなく学習する分野も多岐に亘ります。

 

今回は、幼児教育のことやおすすめの幼児教室の選び方をご紹介します。

 

おすすめの幼児教育の選び方をご紹介する前に

幼児教育と聞くと、知育的な「幼児教室」が真っ先に頭に浮かぶパパやママが多いかもしれません。それと同時に、幼児教育の内容や年齢範囲が分からないという人もいるでしょう。

 

そこでまずは、幼児教育や対象年齢について簡単にご説明します。

 

幼児教育の対象年齢とは?

「幼児教育」と聞いたとき、対象年齢は何歳を思い浮かべますか?

0~6歳くらいまでの未就学児、あるいは幼稚園入園前の0~2歳くらいまでの未就園児を思い浮かべるなど人によってさまざまかもしれません。

 

文科省による幼児の定義は、小学校入学前までの子どもたちです。また、厚生省や文科省が唱える「幼児教育」とは、3歳以上の幼児期に施設で行われる教育を指します。

 

このことから幼児教育は、3~6歳までの未就学児が対象ということになるでしょう。

 

幼児教育とは?

文科省では、幼児の定義だけでなく幼児教育の範囲にも言及しています。

 

幼児教育とは幼稚園や保育所などの教育施設だけでなく、家庭や民間企業、地域が行う幼児への教育も含まれるのです。

 

教育の中身はお勉強だけに留まらず、しつけや生活に関すること、自主性・主体性・自立心を育てることなど、広い範囲が含まれます。

 

おすすめの幼児教育とは

幼児教育をしようと思ったときに、自宅でママやパパが自ら教える場合と専門の先生にお願いした方がよいと判断する場合があるでしょう。

自宅でできるおすすめの通信教育もありますね。

 

全国にはたくさんの幼児教室がありますが、幼児教室での教育にこだわる必要は無いと思っています。

 

一般的に幼児教育というと知育的なものや、お受験教室を思い浮かべる人も多いかもしれません。

 

しかし、小さいときはお勉強だけがすべてではありません。文字や数字を覚えたり、書いたりすることが好きな子、工作やお絵描きが得意な子、体験型が好きな子などさまざまでしょう。

 

また、お友だちと触れ合いながら先生に習うのがよかったり、ママとふたりで学習したりする方が安心する子どももいます。

 

どのタイプを利用するのが我が子にとってよいのかを見極めて、より良い幼児教育を選ぶことができれば幸せですね。

 

私たち、EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミー宝塚教室は、

いろいろな様々な教室を開いており、親子一緒に成長できるおすすめの幼児教室です!

まずは、はじめに体験イベントから。

たくさん遊びに来てくださいね!!

Baby’s PLAY

コース紹介

カテゴリー

Facebook

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。