宝塚の幼児教室 EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミー宝塚教室

英語教育を始める最適な時期は?成果の出る方法も解説

2020/08/11

英語教育を始める最適な時期は?成果の出る方法も解説

グローバル化が進む昨今、子どもの英語教育の時期は時代と共に早まりつつあります。幼児期から幼稚園などで英語の時間を設けているところもありますよね。

では、英語教育を始めるおすすめの時期とはいつなのでしょうか。子どもが英語を好きになるためには、何が大事なのかも合わせてみていきましょう。

英語教育を始める時期はいつが良い?

リスニングや発音について言えば、音の吸収能力に長けた幼児期から英語教育をスタートすると良いとされています。将来的に発音が上手くなり、他の子が聞き取りれない音を聞き取れることがあるからです。

脳が成長している2~10歳くらいまでに、スピーキングやリスニングを中心に、楽しくネイティブな英語に触れさせるのがおすすめですよ。

英語教育を始める時期に重要な事とは

英語はただ闇雲に早期から始めれば良い、というわけではありません。どのように学ぶかで成果が違ってくるからです。英語を始める上でのポイントをみていきましょう。

英語は夢を叶えるツールという位置づけをさせる

英語が楽しいと感じさせる有効な手段は、英語を目的達成のためのツールと位置付けることです。例えば、大好きなアメコミの漫画を英語で読んでみたい、大好きなサッカー選手に英語で手紙を書きたいなど、子どもの小さな夢や目的が英語を好きにさせるのです。

目的があって英語を学ぶのとそうでないのとでは、学ぶ楽しさと成果にかなりの差がでることもあります。

継続して学び英語以外のさまざまな経験をさせる

英語は継続して学ぶことで身についていきます。たとえ親が英語を得意としていなくても、英語の絵本などを大きな声で頑張って読んであげることが大事です。発音などはともかく、英語を使って発信することの楽しさを、家の中でも継続していきましょう。

そして、日本語を正しく学ぶこと、友達とたくさん遊ぶことなど、英語以外のさまざまな経験を通して、言葉のベースをきちんと作ってあげることが大切です。

楽しく継続的に英語教育に取り組もう

英語教育を始めるおすすめの時期は、言葉の吸収が早い幼児期から10歳ごろです。この時期にネイティブな英語に触れさせ、声に出し耳で聞くことで楽しく学習させましょう。

重要なポイントは、目的を持って継続して学ばせることです。目的を持つことで英語が好きになり、継続することでより理解が深まりますよね。さらに英語以外の経験をたくさんさせることで、語学を学ぶ上でのベースが構築されます。

何より、「子どもが英語に興味を示しているな」と感じたときにスタートさせるのが大切かもしれませんね。

コース紹介

カテゴリー

Facebook

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。